セルフタンニングとは?

日焼けしないで小麦肌を手に入れることは出来る?

 

小麦色の肌っていいですよね。なんといっても健康的に見えますし、アウトドア派、スポーツ好きなど、爽やかで明るいイメージがあります。そんな小麦肌に憧れる人に今大人気なのが、日焼けせずに小麦肌になる方法(セルフタンニング)です。健康的な小麦色の肌には憧れるけど、太陽光での日焼けは紫外線が気になるし、焼けると赤くなって困る。

セルフタンニング 口コミから分かったデメリットとは

 

でも日焼けサロンに通うのは面倒だから、なんて理由で、小麦肌をあきらめていませんか。セルフタンニングでは、自宅にいながら小麦肌にしたい部分にローションを塗るだけで、肌に負担をかけず憧れの小麦肌が作れるんです。セルフタンニングで肌の色が濃くなれば身体が引きしまって見え、洋服もかっこよく着こなせたり、たくましく見えたりします。

 

紫外線の日焼けは肌ダメージが大きい

 

今までは、小麦肌になろうと思ったら、海やプールに出かけていって、暑い中裸になって太陽光で日焼けをするか、日焼けサロンに通うかでした。でも、これらの方法による日焼けの仕組みは、皮膚の中のメラノサイトに、肌に大きな負担がかかる紫外線をあて、刺激することでメラニン色素を作り、紫外線への防御反応のために肌が黒くなっているのをご存知ですか?

 

少し太陽の光を浴びると肌が赤くなる人は、紫外線の肌への負担が人より大きすぎて、炎症などを起こしてしまうんです。日焼けサロンの紫外線は波長が長いUV-Aを使うため、太陽光の紫外線に比べれば炎症や発熱、ヒリヒリとした痛み、水ぶくれなどを引き起こすことはありませんが、肌の奥まで透過するので、メラニンが色素沈着を起こしやすく、シワやしみの原因にもなってしまいます。そのうえ、日焼けサロンに通うとなれば、定期的に通う手間や時間、金銭的な負担もありますよね。

セルフタンニング 口コミから分かったデメリットとは

 

セルフタンニングって何?

セルフタンニングは、セルタンやサンレスタンニングと呼ばれることもあります。タンニングローションの成分が、肌の表面の角質層だけを小麦色に染めるので、紫外線でシミの原因となるメラニン色素が作られることもなく、日焼けしたような小麦肌が作れます。肌の色は塗る量や塗る頻度によって調節ができ、しっかり焼きたいときはその都度乾燥させて、重ね塗りをくり返せば色を濃くできます。また、塗るのをやめれば元の肌の色に戻ります。様々なメーカーから販売されているセルフタンニングローションがありますが、国産で独特の匂いのないものが人気です。

 

セルフタンニングをするための準備とやり方

 

セルフタンニングをするには、セルフタンニングローションのほかにも、化粧用パフやスポンジ、ゴム手袋かビニールの手袋があると便利です。パフ類は細かいところを塗るのに便利ですし、ローションを素手で塗ると、手のひらのマメの部分が真っ黒になってしまいます。また、ムダ毛処理と肌の角質を落とし、念入りに保湿をしておきましょう。
保湿したほうが持ちが良くなります。セルフタンニングで小麦肌の効果が出てくるのは少なくとも塗ってから3〜4時間後になるため、きれいに塗れているかすぐに確認することができません。そのため、はじめてセルフタンニングをするときは、つい塗りすぎてしまいがちですが、最初は極力薄く塗って様子を見てみましょう。事前に目立たない部分で試し塗りして確認しておくのがおすすめです。また塗る順番は、足から始めて、下半身を塗ったら上半身に移ります。足首周りや足の指の間、耳などは、塗り忘れてしまうことも多いので気をつけましょう。手や腕は最後にするとスムーズです。小麦肌にしたくない部分は、ワセリンなどを塗ってマスキングをしておけばローションがつくのを防げます。

このサイトでは2つのセルフタンニングローションをご紹介しています。
2,980円の小麦肌、2,916 円のクオリス ブロンズターナーです。どちらもメリット、デメリットがあるので、気になるほうをチェックしてみてください。ちなみに私は両方使いましたが、ブロンズターナーのほうが使いやすかったですね。